こむら返りで困ったら

こむら返りが慢性化する前に・・・

むくみとこむら返りの関係

むくみも影響するこむら返り

こむら返りというのは、むくみも関連しているという事はご存知でしたか?

足がむくみがちな人というのは、こむら返りにもなりやすいと言えます。

こむら返りは、特に男性よりも女性に多い症状です。

それは、足がむくみがちなのは、女性の方が多いからだと言えます。特に妊婦さんに多いのは妊娠後期になってくると胎児が成長し骨盤が緩んできます。そうすると、筋肉が引き伸ばされることから、こむら返りが起きやすいといわれています。横浜市 接骨院の先生に相談したところ、腹帯などである程度骨盤を締めて支えることが予防策と教えてくれました。

むくみも、こむら返りに大きく影響していくという事を知っておく事が大切です。

普段から、むくみのたまりにくい体質にしていく事で、むくみも改善していく事ができ、こむら返りも回避していく事ができるのです。

こむら返りは癖になりやすい症状ですが、きちんとむくみを解消していけば、こむら返りになりにくくなると言えるのです。また、ミネラル不足からもむくみやこむら返りを引き起こします、神戸市 整体へ来院される方にも、そういった悩みを抱え日ごろからミネラルの摂取を勧めているそうです。

むくみを解消しよう

こむら返りを避けていくためにも、普段からむくみを改善させていく事が大切です。

むくみを解消するにも、いくつか日常生活において実践しておきたいという事があります。

それは、適度に運動をしていく事です。運動をする事で、足の筋肉なども使われ、血行が促進されていきます。

こむら返りというのは、ふくらはぎや足首、足の裏などにかけてなりやすいものです。

普段から運動をしていけば、足の血液に循環も良くなり、むくみを解消していく事ができるのです。

運動が苦手な人でも、ウォーキングなどから始めてみるといいでしょう。

冷えを予防していこう

こむら返りというのは、女性に多く、更には冬の時期に多い症例です。

冬に発生するこむら返りには、冷えが大きく影響しているという事が考えられます。横浜 整体では、オフィスの中で仕事をする人へ冷えと血行不良を防止するために靴下をはくようにアドバイスしているそうです。

冷えを普段から予防していくためにも、温かいものを摂取したり、入浴中に、ゆっくりと温まるという事が大切になってきます。

公開日: